足がすっぱいにおいがする

足がすっぱいにおいがする。
納豆のような、めかぶのような足の臭いがする。
足が臭い、チーズのようなにおいがする。
このようなお悩みをもっているあなた。
あなた自身の足の臭いでお悩みでなく、旦那さんの足が臭い、息子の足が臭すぎる、子供の足の臭いを消す方法を探しているという方もいると思います。

 

 

足の臭いがキツイとデスクの下に足の臭いが充満してしまう。
足の臭いが部屋に充満してしまう。
飲み会の席が座敷だったら足の臭いがするので参加するのをためらう。
こんな問題が生じることがありますよね。

 

靴やブーツなどを長い時間履いていたり、立ち仕事で長時間立ちっぱなしだと、靴の中が蒸れたりして、足の臭いがキツくなります。

 

足のすっぱい臭いの原因は、足の皮膚にいる雑菌が角質をエサににして増えることによります。
つまり、雑菌が足の角質や皮脂などを分解する時に臭いが発生してしまいます。
雑菌によって生じたイソ吉草酸という物質が足の臭いの原因です。
あと、汗の臭いが足の臭いの原因になることもあります。
いずれにせよ、雑菌は常在菌といって肌に必ず存在する菌ですので、滅菌をすることは難しいでし、他に影響を与えるリスクがあります。

 

足の臭い対策グッズが色々と売っています。
消臭スプレーを使えば、足の臭いを消すことができます。
携帯用の消臭スプレーもありますので、使う場所を選びません。
重曹、ミョウバン、クエン酸などを使って足湯をすることで足の臭いが解消する方法もあります。

 

足の臭いを改善する方法の1つに、足を石鹸できちんと洗うというやり方があります。
しかし、足を洗っても時間の経過とともにすっぱいにおいがしてしまう場合もあります。
足を石鹸で洗う場合は、なるべくボディーソープを使わないで、固形石鹸を使うことをおすすめします。
そして、石鹸も足の臭い用の石鹸で洗うほうがより高い効果が期待できます。

 

とりあえず、その場で足の臭いを消したり中和させたいのか、それとも根本的に足のすっぱい臭いを生じにくくしたいのかで使う足の臭い対策グッズが違ってきます

 

あなたや大切な人の足の臭いの悩みを解消するのに参考にしてください。

 

石鹸で足の臭いを解決

お風呂に入る時に、きちん足の指の間などを綺麗に洗えば足の臭い対策ができます。
とくに足の臭い専用の石鹸を使うと足の臭いをより効果的に解消することができます。

 

足を洗う時はボディーソープより固形石鹸のほうがいいです。
それは、ボディーソープには保湿成分が入っているものがあり、保湿成分が足の裏を蒸れやすくすることがあり、足の臭いの原因を発生させやすくなるからです。
足を洗うときは、ゴシゴシ洗わないようにして下さい。
ゴシゴシ洗うと肌が弱くなり抵抗力が下がって、かえって雑菌が繁殖しやすくなる可能性があります。

 

足を洗うときは、足の臭い専用の石鹸で洗うと、より高い効果が期待できます。
足の臭いに対応した成分が含まれていますので、1日中足の臭いを気にしなくてもよくなるかもしれません。
クリームやスプレーで臭いを誤魔化さなくてもよくるかもしれませんね。

 

足の臭いを改善する専用の石鹸はこんなものがあります。
もしよかったら参考にしてみて下さい。

 

アニセ薬用石鹸

足がすっぱいにおいがする方にぴったしの足用の薬用石鹸です。

 

アニセ薬用石鹸はコチラです。
(以下の青字の部分をクリックして下さい)

 

足の臭いの原因物質を強力洗浄!

薬用炭とベンナイトが、

古い皮脂や角質を吸着洗浄!

【アニセ薬用石鹸】公式サイトはコチラ

 

重曹を使って足湯

市販されている重曹を使って足湯をすることができます。
重曹で足湯をする時は掃除用より不純物が少ない食用のものを使うことをおすすめします。
重曹によって足の臭いの原因の1つであるイソ吉草酸を中和することができます。
イソ吉草酸による足の臭いは納豆の臭いやすっぱい臭いです。

重曹をぬるま湯に混ぜて、10分くらい足湯をします。
重曹を使って足湯をする際に、足がぬるぬるする時があります。
コレは、弱アルカリ性である重曹が足の皮膚のタンパク質を柔らかくするからです。
足の皮がむけるのは、角質が落ちている状態です。
あと、重曹は弱アルカリ性なので、肌荒れを起こすことがありますので、注意して下さい。
足湯をした際は、しっかりと重曹湯を洗い流して下さい。

 

重曹足湯が効かない?

重曹の足湯が効かないという方もいると思います。

 

重曹はイソ吉草酸を中和しますので、それ以外が原因の足の臭い対策にはなりません。
また重曹は、足の臭いの原因を中和するだけですので無くすわけではないのです。

 

臭いが中和できでも、そのあと長時間靴を履いたりして、足の裏に汗をかけば雑菌が繁殖して臭いを生じさせてしまいます。

 

クエン酸で足湯

クエン酸も足の臭い対策に使えます。
クエン酸っていうとなんか酸っぱいイメージがありますよね。
クエン酸はストレスなどによって生じるアンモニア系に足の臭い対策に効果が期待できます。
そして、雑菌が増えることを抑える効果もあります。

 

クエン酸を使って足湯をする時は、ぬるま湯にクエン酸を2〜3杯いれて10分くらい足湯をします。
足湯が終わったらしっかり洗い流して下さい。

 

ミョウバンで足湯

ミョウバンは硫酸アルミニウムカリウムともいい弱酸性なので殺菌作用があります。
ミョウバンは食品添加物ですので、スーパーなどで簡単に手に入れる事ができます。

ミョウバンで足湯をする時は事前にミョウバン水を作ります。
500ミリの水にミョウバン小さじ3〜4杯ほど入れて数日置きます。
完成したミョウバン水を10倍くらいに薄めて足湯をします。

 

ミョウバン水は足湯以外にも、靴下や靴にスプレーして使うことも出来ます。
足湯に抵抗がある人は、靴下や革靴などにミョウバン水をスプレーして使ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴